toggle
ドアパンチなどで出来てしまったボディのヘコミ、雹被害車の修理もおまかせください|仕上がり重視のデントリペア専門店|栃木県小山市

デントリペアについて

デントリペアはオリジナルの塗装を残せる唯一の選択です

デントリペアという修理方法は、簡単にいえばヘコミを裏から押し出すだけ。とてもシンプルな修理法です。

ボディパネルの隙間や小さな穴を見つけて、そこから工具を挿入してヘコミの裏側にアクセスさせます。

実際にはただ押し出すだけでなく、ミリ単位で押し出す位置を変え、絶妙な力加減で押し出して、元のボディラインを限りなく復元させています。

鈑金修理のように、パテ入れや再塗装をすることなく、元の塗装を生かした修理方法なので、精密にデントリペアされたものであれば、プロの査定士でも見破る事は困難です。

よって交換歴や修復歴がつかないため、お車の価値を落とす事がありません。

 

そのヘコミ、本当に鈑金塗装が必要でしょうか?

別に鈑金塗装を否定しているわけではありません。デントリペアには技術的な限界があります。

塗装に傷があるものは復元できませんし、損傷の度合いによってはどうしても歪みが残ってしまうからです。

デントリペアで綺麗になおすことが出来ないものは、鈑金塗装で修理する、というように使い分けて考えていただく事がいいと思います。

まず塗装に傷がないヘコミに対してはデントリペアで綺麗になおせる確率が高いです。

傷を戻すことはできませんが、タッチアップで目立たなくなるレベルの小さな傷でしたらデントリペアはオススメです。

中にはコンパウンドで磨く事でほとんどわからなくなってしまう傷もあります。

傷があってもヘコミがなくなるだけで、景色の映り込みに違和感がなくなるので、見映えは格段に良くなります。

料金は鈑金塗装の半額以下、作業はほとんどの場合、数十分~数時間で終わります。

まずはお気軽にご相談いただければ、そのヘコミがデントリペアでなおせるかどうかの判断をすることが出来ます。

 

仕上がりへの拘り

ボディパネルを塗装の肌レベルで修正し、違和感のない仕上がりにすることが可能です。

ヘコミの部分にばかり意識がいきがちですが、実際はその付近に広く歪みの影響がでている事も多いです。

それらを見逃さずきっちり修正します。

修理が難しいと思われているプレスラインやアルミパネル、高張力鋼版パネルのお車のリペアも問題なく出来ますので、ご安心ください。

 

イストFフェンダー イストFフェンダー2